忘れられた戦場で

とあるブスの身の上話

絶対悪

塾に通う

【中一】 「ねえねえ、モアイ~*1、モアイの好きな人ってだれ?」 いわゆるヤンキーの女の子から、そう聞かれた。一学期、最初期の地獄の季節を抜け出し、少し学校生活に馴れ始めたころのことだった。 *1:私のあだ名

人権とスピーチとブス

【小5か小6】 隣りのクラスに台湾人の女の子が転校してきた。 ある日、教室前の廊下で女の子たちが彼女を囲んでおしゃべりしていた。もともと、日本語はけっこう話せるらしかった。

点数をつけられた話

【高一OR高二】 友だちと一緒にマックのバイトの面接を受けた。 裏の従業員室へ通されると、長机の前に数人の若い男性バイトたちが座っていた。長机は会議室のように対面に設置されていた。 私が挨拶をしながら入室すると、一瞬にして場の空気が凍りついたの…

ブスのその後の人生

小中学生のころ、同級生にふたり「ブス」が原因で、イジメられている女の子がいた。ひとりは私が小五~六のときのクラスメイトで、もうひとりは中一のときのクラスメイトだった。 どちらの女の子も、私みたいな人外系ではなく、むしろ私見ではそこまでブスだ…

待ち伏せされた話

【小四】 引っ越してから、しばらく経ったころ。 学校から帰る途中、あと少しで我が家へ到着というときのこと。道沿いに斜めに並んだ平屋団地の住宅から、ひとりの女子中学生が慌てた様子で顔を出した。「来た来た!」と奥にいるもうひとりへ合図を送ると、…

看護師さんに嘘つき呼ばわりされた話

小四の夏休みに、今住んでいる地方へ引っ越した。 引っ越し後のまもないころ、いとこと出かけた際に私は車にはねられる事故に遭った。横断歩道のない道路で、左右を確認せずに飛び出してしまったのだ。骨が折れたわけでもなく軽傷だった。

ブスだと自覚したきっかけ

以前書いたように、人生で初めて「ブス」と言われたのは幼稚園のときだった。ただし、その記憶は二十代後半になるまで思い出すことがなかったので、なんとなく漠然と自分がブスだと知りつつも、まだはっきりとは自覚していないという状態だった。 今回は、罵…

オトコ女が誕生するまで

人見知りが激しく気弱で内向的な子どもだった。 と書くと、どんな女の子を想像するだろうか。いかにも、女の子らしくて大人しくて、すぐに泣いてしまうようなか弱い子だろうか。だけど、私は人から気が弱そうには見られない気弱な子どもだった。岩石系のごつ…

後編・ブスと醜形恐怖症

前編・ブスと醜形恐怖症 - 忘れられた戦場で 【↑の続き】 “醜形恐怖症”の定義は「外見に大きな欠点があると思いこんでいる人」だ。 だけど、19のときの私は、てっきり「本当に顔(外見)が醜い人」も包含されるものと勘違いしていた。というか、「本物」が対…

前編・ブスと醜形恐怖症

Googleで“醜形恐怖症”と検索して、ヒットした上位のサイトを見てみると、以下のように定義されている。 醜形恐怖症の人は、実際には欠点はまったくないか、ささいなものであるにもかかわらず、自分の外見には大きな欠点があると信じ込んでいます。https://ww…

罰ゲーム

- 中1 - 休み時間に廊下の長椅子に座り、友だちとしゃべっていたときのこと。 一年生のなかで最高権力者のイケメンヤンキー男が、ためらいがちに私に近づいてくるといきなり壁ドンした。その様子を少し離れた場所から、その男の友人たちが見ていた。私は瞬時…

悪役

子どもの頃から悪役で、だれかのヒロイズムや嗜虐心を満たすために倒される存在、それが私だった。 幼稚園児のころ、私と女友だち+男の子のなかよし三人組で、よく『怪物くん』ごっこをして遊んだ。怪物くんはヒーローで、カイコちゃんはヒロインだ。私はい…

差別意識のつくり方

自分のなかにある差別意識に気づいた話。 *** 中1の誕生日の朝、私は祈った。 「神様、せめてきょうだけでも、何も言われない一日にしてください。」運試しのようなものだった。

好きでもない男の子

小1のとき、クラスメイトのひとりの男の子を追いかけ回していた。 「●●くぅ~ん(ハート」と両手で投げキッスをしながら追いかけると、その男の子が「うわぁああ」と言って逃げ回るのが毎度のパターンだった。しょっちゅう、そんなことをしていた。

最古の記憶

人生で初めて「ブス」と言われたのは幼稚園のときだった。 私は同じクラスの二人組の男の子からイジメを受けていた。積極的なイジメというよりは、たまたま彼らの傍を通ったりすると、1~2発殴られるといった具合だった。